うつ病になった場合に心療内科を利用する目的や知っておくとよい情報を知ることができます

病気のきっかけを知る

悩む男性

仕組みとその種類を理解する

うつ病の状態になると、仕事や勉強が手に付かなくなり、人間関係もうまくいかなくなることがあります。そもそもなぜうつ病になるかは明確になっていないものの、おおむね自律神経の問題やもともと生まれつきうつ病になりやすい体質なことが原因とされています。うつ病の中でも、反復性うつ病と呼ばれるものがあり、こちらも原因が明確になっていません。ただわかっているのは、一時的にうつ状態が元に戻る時もあれば、再びうつ状態に陥ることもあることです。このように、通常のうつ病と異なり継続的にうつの状態が続いているのではなく、元通りに戻る時期があることが反復性うつ病の特徴といえます。よく両極性障害などとよばれるものもありますが、これはうつ病と躁病の2種類が交互におこるものです。気分の上がり下がりが非常に激しく、反復性うつ病と似ていますが、反復性うつ病の場合には躁病にはならないのが特徴です。この点においては、二つの違いが明確になると言えます。できれば自力で治したいところですが、自力で治すことができる人はそこまで多くはありません。そこで第3者の力を借りて、その仕組みなどをよく学んでおくことが必要になります。精神的にバランスが崩れているとすれば、自律神経のバランスに問題がある可能性が高いでしょう。このようになれば、医者の力を借りて自律神経の仕組みをよく理解しておくことが大事です。後は自分自身で、落ち込むときはなぜ落ち込むのかを考えてみると良いです。すぐに浮かばないかもしれませんが、過去にさかのぼってみるとその原因が少しずつ明確になってくることが多いです。

反復性うつ病の原因の一つは、成人的な不安定さにあります。この場合には、心療内科や精神科に通うことで、原因を知るとともに治療をすることが可能になります。精神科や心療内科の違いといえば、表面的に症状が出てしまっているかどうかです。精神科に通う人は、通常精神面だけの病にとどまっており、表にうつ病の形として出ることはありません。例えば気分がすぐれなく暗くなっている人は、精神科にかようと良いことが理解できます。もう一つの種類としては、心療内科がありますが、こちらはうつ病が形として外に現れているものです。よくあるパターンとしては、うつ病になった場合に発熱してしまうことです。例えば会社に行きたくない人は、朝起きた時に微熱があることが少なくありません。それ以外にも、腹痛や頭痛なども都合の良い時に出てくるものです。これらの状態は脳の防衛本能といえるでしょう。わざわざつらいところに飛び込むぐらいならば、事前に体調を悪くしてそこに行けないようにすればよいと考えるわけです。そうすれば、自分自身の精神を守ることができると考えているわけです。しかしこの状態がずっと続いたとしても、まともな社会生活をいとなむことはできないでしょう。特に会社員の場合は生活がかかっている人も多いため、可能な限り健全な状態で仕事とあるいは職場の人と付き合いたいものです。そこで反復性うつ病の本格的な治療する場合には、おもにカウンセリングが中心になるでしょう。抗うつ剤などのように対処療法も考えられますが、あくまで一時的に状態をよくするだけのものです。結果的にそれだけで病気が治る訳ではありません。

Copyright© 2020 うつ病になった場合に心療内科を利用する目的や知っておくとよい情報を知ることができます All Rights Reserved.